【加圧トレーニング】疲労回復効果においてずば抜けてます【効果まとめ】

トレーニング
スポンサーリンク
吸収に優れるペプチドを含有した最高級ホエイプロテインはこちら

「疲労回復」

というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

今回、ターゲットとする人は、

  • 練習の疲労がなかなかとれない
  • 肉離れや骨折、捻挫などのケガを早く治したい
  • 練習がきつくてケガ寸前

どのようなことを書いていくか、大まかに言うと、

  • 現状行われている、いわゆるクールダウンはアスリートの身体にとって悪影響かもしれないこと
  • 疲労回復の最強の方法は「加圧」すること
  • 加圧すると「血流が良くなる」

こんな感じです。

~~~~~~~~

~~~~~~~~

いわゆる「クールダウン」の役割

学校の部活やクラブでスポーツをやっている人なら

ほとんどの人がやっている「クールダウン」ですが、

このクールダウンはどんな役割があるか考えたことはありますか?

  • 疲労を引きずらないため
  • 身体をほぐす

こんな感じだと思います。

では、皆さんクールダウンではどんなことをやりますか?

私は小学生の頃から野球をやっていて、

チームとして練習後は欠かさずクールダウンを行っていました。

  • ゆっくりとしたランニング
  • ストレッチ
  • マッサージ

大体クールダウンというとこんなことをやると思います。

では果たして、これが正しいクールダウンの方法なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ランニングはより身体を疲労状態にする可能性

身体をほぐして疲労回復を狙っていたはずの軽いランニングですが、

ちょっと違うかもしれないということです。

筋グリコーゲンとは筋肉のエネルギーとなるモノなんですが、

これを必要以上に浪費してしまうことで、より疲労状態に陥る。

実は筋グリコーゲンが枯渇すると、

筋肉を分解してエネルギーを作る反応が起きてしまいます。

そして1番厄介なのは「ストレス」の蓄積。

疲れ果てた体に「動け!」と命令しているわけですからこれはもうスパルタです。

慢性的なケガはこうしたところから発症することがかなり多いです。

 

スポンサーリンク

ストレッチは疲労回復にそれほど効果なし??

クールダウンでのストレッチは本来であれば

  • 柔軟性低下の防止
  • 血流を良くする

こんな目的から取り入れられていたと思います。

しかしストレッチはそれほど効果が無いということが分かってきていて、

最近のスポーツ界ではこれは常識化しつつあります。

スポンサーリンク

新たな疲労回復方法

ここで最強の方法があって、

スポーツをしている方なら聞いたことがあると思います。

それが「加圧トレーニング」です。

 

加圧トレーニングは1997年に開発されたトレーニング方法で、

一時期ブームになったりしました。

加圧によって血流を爆発的に増やすことが疲労回復を超促進させます。

~~~~~~~~~

 

スポンサーリンク

ストレッチの30倍の効果を得られます

普通、練習した後とかトレーニング後って、体をほぐすためにストレッチしますよね。

私はいつもトレーニング前と後にしっかりと体をほぐすためにストレッチしてます。

もちろんストレッチで筋肉を動かしてあげることって、大事。

しかし、

加圧トレーニングはそのストレッチの効果を

凌駕すると言われています。

加圧トレーニングってどんなことするの?

というと、

こんな感じで、腕にベルトを巻いてトレーニングをするんですよ。

このベルトが意外にも

素晴らしい効果を発揮してくれます。

 

スポンサーリンク

【回復能力約5倍】+【運動パフォーマンスup】

最初に書いた通り今回のシリーズは、

  • 練習の疲労がなかなかとれない
  • 肉離れや骨折、捻挫などのケガを早く治したい
  • 練習がきつくてケガ寸前

こんな悩みを解消するためのシリーズだという風に書きました。

このような人たちには特に変化を得られると思います。

回復能力向上

加圧トレーニングの何が回復能力を向上させるの?

 

実はこのベルトで適切な強さで腕を締め付けると、

血管が圧迫されて血流が制限されます。

血液は心臓から全身に巡っていきます。

腕にベルトを付けた場合、付けたところから先の方に血液が溜まって、

一時的に血圧が急上昇して血管がパンパンなるんです!

ベルトを付けているので腕周辺の血の流れが悪くなるので、

身体はそれに反応して心臓に働きかけ、

よりたくさん、大量に血液を体に流すようにさせます。

結果、心臓のポンプ作用が強くなり、

体中の血流量が爆発的に増加します。

血流量が増えるというのは

実はアスリートにとって

疲労回復の絶好のチャンスなのです!

~~~~~~~~~

~~~~~~~~~

この原理は運動パフォーマンスupという面にも言えることで、

とにかく

アスリートにとって【血流量】というのは

すごく重要なキーワードになります。

 

スポンサーリンク

巻くだけで効果あり

実はこの加圧ベルトはトレーニングをしなくても、

ベルトを巻いただけで効果を発揮するので、

練習後の疲労状態であっても

筋肉や関節に負担をかけずに効果を発揮します。

 ~~~~~~~~

 

血流量を増やすことが

なんでアスリートにとって重要なの?

について書いていきます。

 

スポンサーリンク

血液は「運搬の役割をする」

体の中には血管が隅々まで張り巡らされています。

心臓の鼓動のパワーで送り流された血液は全身に流れていき、

手足の隅々までを通って、

再び心臓に戻ってきます。

この間に血液はあらゆる栄養素や酸素を運んで、

筋肉やいろんな場所に必要なモノを送り届けています。

具体的に次のようなモノを運んでいます。

  • 酸素
  • 栄養素
  • ホルモン
スポンサーリンク

酸素の運搬

アスリートにとって、

「トレーニング」

「疲労回復」

「食事」

などはとても重要なことですが、

これらを行うには全て酸素が必要になるのは言うまでもありません。

酸素は私たちの体で必要不可欠なものであり、

特にアスリートは体内の酸素量が減少することはかなりのダメージです。

 

栄養素の運搬

栄養素というとどんなものがあるでしょうか?

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

人間はこれらを「食べる」ことで体の中に取り込んでいます。

この食べたものはどうなるかというと、

胃や腸で消化&吸収されて、

血液中に溶け込んで全身に送られます。

  • 関節の機能を保つ
  • ケガをした部分に栄養を与える
  • 筋肉にエネルギーを送る

こうした活動は、血流量が増えればより活発に行われ、

血液の流れが悪ければ、この働きが悪くなる。

スポンサーリンク

ホルモンの運搬

上の2つに比べて

ホルモンはあまり馴染みがないかもしれないですが、

ホルモンはとても重要な役割をしていて、栄養素と同じようにたくさんの種類があります。

今回は大きく3つの役割を紹介します。

  • 筋肉の発達
  • 筋肉の疲労回復
  • ストレス解消

血流が増加すると

これらの働きも倍増して良い効果を発揮します。

スポンサーリンク

加圧は血管自体のトレーニングにもなる

加圧ベルトによって、

血流量が増加していろんな効果がありますってことを書きましたが、

それだけではありません!

血管を圧迫して、

血管自体に刺激を与えることでもメリットがあります。

それは2つあります。

  • 血管の弾性アップ&太くなる
  • 毛細血管が増える

加圧ベルトの唯一無二と言える効果です。

血圧が一時的に急上昇

筋トレで筋肉に強い刺激を入れて動かすことによって、筋肉が強くなり、

しかも正しいアプローチをすることで

筋肉に弾性が生まれて関節の可動域が広くなるように、

血管も同じです。

血管に負荷をかける為には血圧を急上昇させるしかなく、

加圧ベルトは唯一無二の刺激です。

血管が強くなることでより大量の血液を流し込むことができるようになり、

しかも毛細血管の増加により、

練習で息が切れてばててしまうことが少なくなると思います。

ちなみに血圧が高くなるということは、その分心臓にもかなりの負荷がかかります。

心臓が血液を繰り出す能力も向上します。

ということは、上で書いたように、

より酸素や栄養素、ホルモンの運搬を素早く、大量にできるようになる

ということ。

 

スポンサーリンク

加圧ベルトについてまとめると~

  • 血流量が増えて、酸素・栄養素・ホルモンを大量に素早く運搬できるようになる
  • ケガの治り・疲労回復・筋肉の発達などが超加速する

ではこの加圧トレーニングのやり方は?

どのくらいやればいいのか?

 

それを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

加圧トレーニングをするには2つの方法があります

実際に、じゃあ加圧トレーニングを取り入れてみようってなった時、

2つの取り入れ方があります。

スポンサーリンク

専門のトレーナーがいるジムに行ってマンツーマンでトレーニングする

加圧トレーニングにはいくつか注意があって、

「ベルトを巻く強さが適切でないと血管が切れて内出血の原因になる」

又は、「強く締めすぎると血流が完全に止まって危険」

ということ。

物理的に血管を圧迫して強い負荷をかけますから、1人でやるにはいくらか知識が必要です。

ですがこの加圧トレーニングは初心者にとっては正しく行うことでケガのリスクが少なく、高い効果を発揮するので、結構オススメなんです。

しかもこのような、

マンツーマンで行う加圧トレーニングの場合、

より高性能な加圧ベルトを使用するので非常に強いパンプ感を感じることができます。

私もやったことがあって、

普通のトレーニングでこのパンプ感は絶対に不可能というところまで腕がパンパンになりました!

これが1つ目。

 

市販の加圧ベルトで1人で行う

市販のベルトは基本的にはAmazonなどで簡単に手に入れられます。

Amazon | 加圧 ベルト エクササイズ トレーニングベルト 加圧筋力トレーニング 簡単エクササイズ 初級用 | Trend Honpo | トレーニングベルト
加圧 ベルト エクササイズ トレーニングベルト 加圧筋力トレーニング 簡単エクササイズ 初級用がトレーニングベルトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

Amazonだとこれが結構お手頃価格でしょう。

大体のセルフ加圧ベルトの相場は2万円近くなります。

これはおそらく少し品質に劣るかもしれませんが、私的には問題ないと思います。

市販のベルトで行う方法は、

初めて加圧トレーニングをするような人にはオススメしません。

どれくらいの強さで絞めればいいか分からないと、体に異常をきたす危険があるからです。

  • 加圧トレーニングについて詳しいトレーナーに話を伺う
  • 実際に1度、マンツーマン加圧トレーニングジムに行ってみる

こうすることをオススメします。

最近では、加圧トレーニング専門のジムは全国各地にチェーン店で広がってきてますので、皆さんの近くにもおそらくあるでしょう。

こちら、全国的に展開している加圧トレーニングジムです。

KAATSU TRAINING JAPAN 加圧トレーニング
加圧トレーニングのオフィシャルサイト。施設検索、資格取得情報、ニュースなどの情報や、研究への取り組み、加圧のメカニズムや効果を紹介します。

以上2つ目。

 

低糖質ミックスナッツ 【23g×7袋】(味源)【自然食品】

価格:861円
(2019/4/14 11:46時点)

2つの方法の違いをまとめると

【ジムでマンツーマン指導の場合】

  • 1回あたりのコストがかかる
  • 高性能の加圧ベルトで、最高の効果を出せる
  • 加圧について分からなくても、最初から効果が出せる

一方、【セルフで行う場合】

  • 継続的に行う場合、超低コスパ!
  • ある程度の知識が必要
  • 始めて加圧トレーニングをする人は、巻く強さが分からないとかなり危険

ということになります。 

個人的にオススメなのは、

まずはジムに行ってマンツーマンで指導を受けて、いろいろ相談して情報収集。

継続して取り入れたいなと思ったら専用のベルトを購入。

ということで、

興味があるならは1度体験してみては?

この加圧トレーニングめっちゃオススメです。

  • ベルトを巻くだけで疲労回復効果
  • ベルトを巻いてトレーニングをすると今までにないパンプ感を実現

巻くだけで非常に体に良い影響を与えるので。

 

以上です!

興味を持った方は是非行動に移してみましょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました