【食べて痩せる】ダイエットや減量の必勝法!

減量
スポンサーリンク

こんにちはJUKIYAです。

 

今日は【減量について】です。

 

減量失敗しないために私が皆さんに伝えたいコトをただ書いていく内容になります(笑)

事実、私は初めての減量に苦戦しています。もう何が何だかわかりません!ですがその失敗を通して1つ気づいたあること【絶対失敗するからこれだけはやめておけ!】を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

【食べて痩せる】はガチ理論!~減量の唯一の必勝法~

減量始める人のやるべきこととしてまずやるコト↓

食事量を減らす

これまで太る食生活をしていたのですからもちろん最初はある程度食事制限をします。

すると体重はみるみるうちに落ち始めます。これが本当にうれしいんです!

「お!落ちてきたぞ!」

 

しかしこれは後に命取りになる思考だったことを私は今回学びました。

 

スポンサーリンク

「制限すれば絞れる」の誤解

減量を始めて行う人にとって「体重が落ちる」ことはこの上ない喜びです。自分もそうです。しかしこの時頭の中でひとつの勘違いが生まれることがあります。

制限すれば絞れる

減量初期はこの考え方で結構です。しかし減量が進んでいくとある壁にぶつかります。

【停滞】です。

 

スポンサーリンク

「体重の落ち」が停滞する原因

これは以下のことが考えられます。↓

  • 食べる量が多い
  • 代謝が落ちている
  • 停滞していると思い込んでいる

まず考えにくいのが、最初の「食べる量が多い」です。なぜかというと、これまで体重をしっかりと落とせてきているから。減量にふさわしい食事を続けている限り、食べ過ぎているコトはありません。

 

次に「代謝が落ちる」ことで、カロリーを消費してくれない身体になってしまうコト。私の場合は定期的にハイカーボデイを入れてましたのでこれは原因ではないと思っています。

※減量による食事制限に身体が慣れてしまうと、体は無意識的に消費カロリーを極力抑える為に代謝を下げてしまう。1週間に1回ほどたくさん食べる日を作ってあげることで食事制限による体の慣れを防止することができる。

 

減量は進むにつれて変化が小さくなっていく

これがいわゆる「停滞期」と言われます。

減量が進むにつれて体重や体の変化が小さくなると、私のような初心者はどうしても、

「変化が止まってきたからもう少しだけ食べる量を減らそう」

という思考になるんです。

 

減量初期に経験した【減らせば落ちる】という思考が命取りになる瞬間です!

微量ながら脂肪は落ち続けているのに、結果を急ぐあまり「もっと落とそう」となるんです。しかし私たちの身体は食事を制限すればするほど、防衛反応が働き、代謝を落として脂肪を残そうとしてしまうんです。現に私がそうでした。

 

スポンサーリンク

いかに【食べて痩せられるか】が減量の必勝法

これは言い換えると、「いかに代謝を落とさずに減量できるか」とも言えます。

それではどうすれば、食事制限しながらも代謝をキープするのでしょう?それが以下です↓

  • 短時間高強度のウエイトトレーニング
  • 極力有酸素運動はしない
  • HIITを週1~3でやる
  • 炭水化物をギリギリまで食べる

これに尽きます。

まずはウエイトトレーニングをすることで、とにかく筋肉量の維持に努めます。

有酸素運動は、最中は多くのカロリーを消費しますが体がそれに対して防衛反応を起こして脂肪を落としづらい体にしていしまいます。

有酸素の代わりにHIITを入れることで代謝をうまくキープしながら消費カロリーを稼ぐことが可能です。しかしやりすぎは逆効果なので多くても週3くらい。HIITについてはいかにリンク張っておきます。↓

高強度インターバルトレーニング - Wikipedia

身体の活性力は炭水化物を十分に摂取することで維持できます。代謝が落ちるということは身体がどんどん不活性になることで消費カロリーを抑えるので、免疫力の低下トレーニング時の脱力感につながってしまい、超悪循環です。


これが今回、私が初めて減量した中での典型的な失敗例です。反面教師にしてあなたは同じ過ちをしないように気を付けてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました