サラダチキンの作り方

スポンサーリンク

こんにちは!

 

4月の、入学に向けていろいろと準備が忙しい時期に入ってきました。

高校時代の仲間はもうすでにそれぞれの大学の練習、キャンプに参加してるそうで、自分も遅れないようにしていきたいところです!

 

 

 

鶏むね肉が主食

私、ただいま減量中なのですが、減量というと基本となるのは

「カロリー制限」

 

毎日、摂取カロリーをコントロールしているんですが、初めてということもあっていろいろと合わないところもあったりします。。。

 

カロリーは、糖質(1g4kcal)、タンパク質(1g4kcal)、脂質(1g9kcal)

 

これで考えているんですけど、主にどのようなものを食べているかというと、

この5つからカロリーを摂るようにしてます。

 

※マルトデキストリンとは簡単に言うと、手軽にタンパク質を摂れるようにプロテインがあるように、手軽に糖質を摂れるようしたサプリメント。「白米」の粉バージョンみたいな感じです(笑)

 

基本的に食事の主食となるのは糖質ですが、糖質源となる玄米は、トレーニング前とトレーニング後の2食のみです。

 

 

1日に7~8食くらい食べるので、基本的には鶏むね肉が主食みたいなもんです。

 

f:id:jukintore:20190308095459p:plain

 

 

鶏むねは「いかに柔らかく作るか」

 

毎日食べる鶏むね肉。

 

脂質がほとんど含まれてなくてめっちゃヘルシーで体に良いんですけど、それゆえ、結構パッサパサでとても食べれたもんじゃないですよ。

 

お店から買ってきて、そのまま茹でたり焼いたりすると、出来立ては良いけど、餌のように作り置きした方が手間が省けるというので作り置きしておくとパッサパサになります。

 

 

そこで、コンビニに売ってる「サラダチキン」を自分で再現しよう!というわけです。

最近はいろんな種類が出てきて、私もコンビニには大変お世話になっております。

  1. プレーン
  2. ハーブ
  3. パクチー
  4. バジル
  5. ブラックペッパー
  6. タンドリー
  7. スモーク
  8. 梅しそ

 

私が今まで食べた中でもこれくらい。

 

 

でも、毎食コンビニのサラダチキンというわけにも行きませんので、自分で作ろう!ってなる。

 

 

柔らかく作る最重要ポイント

 

それでは、私がいつもやっている作り方を紹介していきます。

 

ただ茹でるだけだともう、食べれたもんじゃない鶏むねですが、

 

重曹

 

これを使うだけでとにかく柔らかいです!

 

 

必要なもの
  1. 鶏むね肉
  2. 重曹
  3. 熱湯
  4. ジップロック

※お好みの調味料

 

 

作業時間10分の簡単手順

上で、重曹が1番重要だと言いましたが、具体的には

「鶏むね肉に重曹を付けて水に浸して一晩寝かせる」

 

これです。

 

  1. 鶏むね肉の皮を取って、重曹と、塩少々をぶっかけてマッサージ
  2. 水風呂感覚で肉を水に浸して一晩放置(すいません写真皮取ってないですね)

    f:id:jukintore:20190308094540j:plain

  3. 翌日、塩少々と、お好みの味付けをして、ジップロックに入れる
  4. 熱湯で10分くらい茹でたら火を止めて、また放置(余熱でじっくりと)
  5. 自然に熱湯が冷めてきたら取り出す。(冷めるまでだいたい1時間?)

完成

f:id:jukintore:20190308094658j:plain

 

ちょっと時間はかかりますが、手を加える時間的には慣れてくれば10分くらいで済みます。

 

 

メリット

 

  • 作り置きで美味しく食べれる
  • コンビニのサラダチキンより圧倒的低コスパ
  • 作る量次第では、これだけで1週間分の食事(エサ)を作れる

 

週1でこれやってれば食っていけると思うと、自炊もできそうですね!

そんな感じです。

 

 

まとめ

 

自分のライフスタイルに合わせて、やってみたい方は是非試してみてください。

 

私は1月からやってて、だんだん慣れてきたのでとても調理の時間が短縮されて、他のことに使える時間が削られることなくできてます。

 

忙しい学生さんも、試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました