GLUT4の増加は筋肥大を超加速させる【2章-2】GLUTを増やす

トレーニング
スポンサーリンク

 

 

こんにちは!

GLUTシリーズ4つ目の記事です。

 

前回までの復習

  • トレーニングで筋肥大を効果的に行うには、解糖系のエネルギー代謝レベルを上げるべき!
  • 解糖系にはGLUT4という輸送体が関係している!
  • GLUT4が増えると、解糖系レベルが向上してパワフルなトレーニングを行うことができる!

 

 

「じゃあGLUT4を増やすにはどうすればいいの?」

ということについては前回の記事で1つ目を紹介しました。

「ウエイトトレーニング」

でしたね。

 

全部で3つあるうちの今日は2つ目。

 

なんだと思いますか?

 

~~~~

~~~~

 GLUT4を増やす方法2つ目は、

絶食

 

面白いですね(笑)

何をすればいいのかって、

「何もしないこと」が

GLUT4を増やす引き金になるようです!

 

絶食するとGLUT4が増えるのはどうしてなのか。

見ていきましょう。

 

絶食=飢餓状態

例を出すと、今まで普通に生活していたのに、

~~~~~

いきなり収入ゼロ

貯金ゼロ

こうなったら困りますよね?(困ったとかのレベルではない(笑))

しばらくして、1ヶ月ぶりにお金が手元にドカンと入ってきたとしましょう。

「ゼロ円生活にならないように手に入るだけのお金を今のうちに集めておけ!」

頭と体をフル回転させてお金をかき集めると思います。

~~~~~

これが体の中でも起こるのです。

イメージできるでしょうか?(例えが下手ですみません(笑))

 

 

絶食をするということは体は飢餓状態ですから、

(栄養の)収入&貯金ゼロ状態ですよね。

この状態で、あるときドカン糖質が入ってきたらどうなるか?

そりゃもう、体は一生懸命糖質を体に取り込もうとするわけです。

糖質の貯蔵庫である筋肉や肝臓へ。

 

この活動を行うために一時的ではありますが

GLUT4のレベルがドカンッと上昇するんです!

 

↓↓↓↓

 

実はこれ、

ボディービルダーやフィジーカーと言われる人たちが

やっているテクニックなんです!

 

いわゆる

「カーボディプリート」

「カーボアップ」

というやつです。

 

さっき言った通り一時的ではありますが、

この効果は凄まじいんです(笑)

 

スポンサーリンク

絶食なんて慣れないし、どうやって取り入れたらいいのか?

絶食と言っても、何も食べないんじゃ体に悪いですし、

そもそも筋肉が落ちて

筋肥大というテーマの主旨から外れてしまいます。

 

GLUT4は解糖系のみに作用するので、

基本的に糖質のみの絶食という形になります。

 

要は、

  1. 体の中の糖質を無くして一時的な飢餓状態にさせる(ハードなトレーニング)
  2. 急激に大量の糖質を取り込む

これをすればいいわけです。

飢餓状態に1度でも入ればあとは糖質をガツンと入れてあげれば、

GLUT4の増加によって糖質の筋肉への取り込みが最大になります。

 

これをワンセットとして、

特に減量期なんかは代謝が落ちやすいので

週1で行うことが一般的です。

 

プロのスポーツ選手も

いわゆる「カーボローディング」という名の

絶食の原理を取り入れています。

 

ちなみにこの絶食法を使った「カーボローディング」は

プロスポーツの現場で行われている方法としては

一般的に1週間かけて行います。

 

しかし上でも言ったように、

1度飢餓状態に入ってしまえば良いので、

1日でワンセットを完了させることでも十分に効果はあります。

 

連日の試合や練習などでは活用できそうですね!

 

 

少し長くなってしまいました。

絶食の原理は理解できたでしょうか?

スポーツ競技においても「カーボアップ法」は

これからアマチュアスポーツ界でもトレンドになると思っているので、

興味を持った方は詳しく調べて

1度やってみることをオススメします。

 

 

ということで、

明日は3つ目の紹介ですのでお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました